単身で引越しするヒント|スピーディーに片付けるには

業者利用時の注意点

男性

トラブルに遭わないために

3月から4月にかけては引越しの繁忙期です。希望の日に作業してもらえないということもあるので、手続きは早めに行うことです。また、この時期に多い引越しトラブルとしては、見積り手続きしたときよりも請求金額が高かった、荷物をすべて積んでもらうことができなかった、訪問見積もりの時に無料という認識でダンボールを置いて行ってくれたと思ったら料金に含まれていた、作業時間帯が深夜になってしまった、そういったトラブルが報告されています。このようなトラブルに遭わないようにするためにも引越し業者を選ぶ手続きの際には、複数の業者を比較して信頼ができる業者と契約手続きをすることです。見積りよりも請求された金額の方が高い原因は、見積り時には提示されていない作業が発生してしまったからです。例えば、作業日当日までに荷造り・梱包が終わらず引越し業者には運搬だけお願いしていたが、当日業者も梱包を手伝うことになった、また絵画やペットなど特殊な荷物を運ぶときにはオプションでの運搬となります。見積もりの時にこのことを伝えていない場合料金がかかってしまうのです。荷物を積み切ることができないトラブルは、荷台に乗る分だけの積み切り契約をしている場合です。積み切るだけの量しか乗せてくれないので、積めなかった分は自分で運ぶかもう一台トラックを準備してもらわなければならなくなります。このようなことにならないためにも引越しの見積り手続き時に料金の安さだけではなく契約内容もよく確認することです。